肩こり職業

肩こりが起きやすい人の職業とは

肩こりが起きやすい人の職業と言えば、事務職です。一日中、机に座ってパソコン作業をしていると、どうしても肩がこります。肩こりになりやすい人で代表的なのは、デスクワーカーです。長時間のデスクワークをしていると、肩こりを引き起こす原因になります。事務職の人は、猫背姿勢になりやすく、体を動かす機会が少ないです。デスクワークをしていると肩こりになりやすので、5時間以上パソコンに向っている人は、間に運動を取り入れるなど工夫が必要です。コックやパティシエなどの職業も肩こりになりやすいです。ほとんどの時間、下を向いて作業しているからです。常に首と肩の筋肉で頭を支えているので、疲労が蓄積して肩こりを起こしてしまいます。美容師や理容師などの職業も肩こりになりやすいです。腕や手を酷使し、中腰姿勢を強いられる職業なので背骨に負担がかかります。腰痛を抱えると共に、同時に肩こりも抱えるケースが多いのです。片腕を体幹から離れた状態でキープする仕事なので、肩や腕に負担がかり、結果的に、肩こりを起こすのです。肩こりが起きやすい職業の人は、定期的なメンテナンスが必要です。

 

アスタキサンチン